保育士にもメリットとデメリットがある

主なメリット

保育士として働くメリットはいろいろとあるのですが、子供が好きな人にとっては天職だと言えるでしょう。政治家の悪政で労働環境が大幅に悪化している現在では、自分が好きな仕事に就けるという人は殆どいません。よって自分が好きなことを仕事にできたら、これほどのメリットはないでしょう。保育士になるには資格が必要になるのですが、保育士の資格は国家資格です。

そのため、保育士以外にも似たような仕事であれば、転職をするときにも有利になるでしょう。もちろん保育士として勤務した経験が活きてくるので、もし保育士と似ているような別の仕事に就きたいと考えている場合も、保育園での勤務はよい経験を積む場所だと言えます。そして子供や子供の親に感謝されることが多い職場でもあります。一般的な会社員ではまず味わえません。

感謝されたときに、この仕事をやっていてよかったと実感できるのもメリットだと言えるでしょう。現在では女性だけではなく、男性も保育士になることが可能ですが、それでも女性の方が圧倒的に多くなっています。女性は自分も子供を持って育てることが多いので、自分の子供を育てるときの参考にもなります。このようなメリットがあることを知っておくのもよいでしょう。